せっけんの街について


活動内容

千葉県は全国でも汚染のひどい手賀沼、印旛沼という2つの沼をもっています。家庭雑排水が汚染の一番の原因です。
そこで私たち、特定非活動営利法人「せっけんの街」は環境に負荷の少ない生活の提案をリサイクルせっけんをとおして語ってきました。人と自然が共生する街、使い捨てでなくリサイクルで成り立つ街を目指して、さまざまな事業を展開しています。

私たちの様々な活動

廃食油回収・再利用の事業

地域循環型社会を目指して、県内約16市町村から、年間約24トンの使用済み食用油(廃食油)を回収し、せっけんに再生、再び地域に返していく活動をしています。

廃食油リサイクル製品の普及事業

リサイクルの輪は再生されたものを上手に使ってはじめて完結します。また、再生されたせっけんは排水後の分解も早く、分解途中で環境ホルモンを発生させないなど、環境に対する負荷が少ないのも特徴です。リサイクルされたせっけんの普及活動はとても重要です。

環境学習・せっけんづくりワークショップの企画運営

次の世代を担うこどもたちに、環境を守る事の大切さ、リサイクルすることの本当の意味を伝えたいと環境授業に講師を派遣しています。また、さまざまなイベントに参加しせっけんづくりの実演をしています。