せっけんの街について


歩み

内  容
1980年 10月 手賀沼アピール・1980
    せっけん利用推進運動として合成洗剤追放直接運動(我孫子市・柏市・流山市・沼南町)
1982年〜   せっけんを使う仲間作りと廃食油回収のポイント作り開始
  3月 せっけん工場設立準備会発足
1983年 7月 柏市内で初めての廃食油回収開始。洗濯おばさん続々登場
  12月 流山市内で廃食油回収開始
1984年 5月 せっけん工場共有者の会の結成呼びかけ(出資金集め開始)
生活クラブ生協、手賀沼漁協組合、京北スーパー、柏市民 生協、障害者施設職員、市民代表の市議など市民約1万人 の賛同により設立協石連第5回研究交流集会(千葉)
  7月 手賀沼せっけん共有者の会設立・第1回幹事会開催
野田市内で廃食油回収開始
  9月 松戸市内で廃食油回収開始
  10月 (株)手賀沼せっけん設立
  11月 「せっけんの街せっけん(せっけん分60%)」生活クラブ生協で共同購入開始
佐倉市・成田市・市原市で廃食油回収開始
  12月 廃食油回収システムを整備・回収業務委託
せっけんセンター300ヶ所を超える
1985年 3月 手賀沼せっけん工場竣工・初釜焚き
  8月 印西町(現印西市)で廃食油回収開始
1986年 3月 せっけんの街5000袋/月販売計画スタート
せっけん責任引き取り制
せっけんセンターのせっけんを買い取り制に変更
  10月 せっけんセンター活性化プロジェクト発足
  12月 せっけんの街販売店舗100ヶ所を超える
1987年 12月 自冶体への5000袋プレゼント作戦開始
1988年 2月 廃食油回収体制の変更
  10月 せっけん1袋買い取り運動開始
  11月 行政への廃食油回収実施とせっけん利用の推進に関する請願・要望
1990年〜   千葉県内25市1町に地域活動委員会設置
せっけん利用推進の働きかけ
  3月 廃食油専用回収車購入
1991年 2月 リサイクルせっけん協会設立
  10月 廃食油実態調査アンケート実施(1万世帯)
1992年 1月 印旛沼せっけん工場建設の提案
  7月 行政による我孫子市市内全域廃食油の回収・一部を手賀沼せっけん工場に持ち込み
  9月 せっけんの街共有者の会設立
手賀沼せっけん出資者の会設立
印旛沼せっけん工場建設委員会発足
1993年 3月 せっけんの街共有者の会地域活動賞受賞(中央学院大学)
  9月 印旛沼せっけん情報センター建設にむけた出資運動スタート
地球環境基金助成金
1994年 10月 印旛沼せっけん情報センター竣工
1995年 1月 印旛沼せっけん情報センター初釜焚き
1998年   千葉県特別環境賞受賞
せっけん利用推進の働きかけ
  8月 「うてなちゃん」(固形せっけん)発売
1999年 3月 「萠」(せっけん分80%)発売
せっけん利用推進の働きかけ
  12月 特定非営利活動法人せっけんの街設立
2000年 2月 地域活動賞(神戸都市問題研究所)
2002年 7月 手賀沼せっけん工場、印旛沼せっけん情報センターを特定非営利活動法人せっけんの街に統合
2004年 2月 廃食用油燃料製油装置を設置。バイオディーゼル燃料製造を始める
2004年 2月 廃食用油燃料製油装置を設置。バイオディーゼル燃料製造を始める