会  報

[ミニ知識]

No.250 ミニ知識 [2014年12月4日 発行]

Q&A 食器を洗った後ベタベタした感じが残ります??

◎食器を洗っているときのヌルヌル感はせっけんの使いすぎが考えられます。

 粉せっけんは、ほんの少量をスポンジになじませ、よく溶かし泡立ててから洗うと、食器すべりやヌルヌル感は減少します。汚れた食器の中の大きめの器に、あらかじめ溶かしておくのもよい方法です。
 固形せっけんは、スポンジをよくもんで、よく泡立ててから。
 こはくは、こはく2に対し水1程度に薄めて使います。お手持ちのポンプ容器に移して使うと、使いやすいです。

◎洗った後にベタベタした感じが残るのは食器に汚れが再付着してしまったと考えられます。

以下の2点に注意すると上手に洗えます。
(1)洗い桶を使わない。洗い終わった食器は、すすぎまで水のかからないところに並べておきます。せっけん液が薄まると、汚れを包み込む力が弱くなり、汚れが食器に再付着してしまいます。
(2)すすぎは1つずつ流水ですばやく。水の冷たい季節にはお湯で一気に洗い流します。
※ 油や酢で汚れた食器はあらかじめふき取ってから洗いましょう。手間がかかりそうですが、こうすると、シンクや排水溝の汚れも違ってきます。環境にも優しいですね。

No.245 ミニ知識 [2014年11月14日 発行]

せっけんの作り方の違い
NPOせっけんの街では粉せっけん、固形せっけん、液体せっけんの3種類のせっけんを作っています。使い方や使い勝手のよさを考えて、それぞれの特徴を活かせるよう、原料油の配合を変えています。

粉せっけん:原料油は廃食油100%です。食用油の原料は、なたね油や大豆油、米油などで、炭素数の多い不飽和脂肪酸が多く含まれています。ヤシ油原料のせっけんと比較して、手に優しく、水溶けの良いせっけんができます。

固形せっけん:原料油は廃食油70%、牛脂30%です。牛脂には炭素数の短い飽和脂肪酸が多く含まれています。牛脂を入れることにより、硬く、泡立ちのよいせっけんができます。

液体せっけん:原料油は廃食油70%、ヤシ油(ココナッツオイル)30%です。ヤシ油にも炭素数の短い飽和脂肪酸が多く含まれています。一般的なせっけんシャンプーはヤシ油を原料に作られています。ヤシ油を入れることで純石けん分を高めにすることができ、洗濯用に使える様になりました。

その他、ケン化に使うアルカリも苛性ソーダ(NaOH)や苛性カリ(KOH)、アルカリ剤の配合(炭酸塩や重曹)など、製造の手順も違います。

No.242 ミニ知識 [2014年8月21日 発行]

せっけんの意外な利用法
 リサイクルせっけん協会に参加して、参加メンバーから面白い話が聞けたので紹介します。
 液体せっけんをみかんの木の虫対策に使っているというのです。以前はカイガラムシなどの虫対策にひまし油を散布していたとのことですが、現在は液体せっけんを100倍くらいに薄めて撒布している農家が増えているそうです。ひまし油と比較して効果は変わりないようで、価格や環境に対する影響を考えると“せっけん”となったそうです。
 家庭菜園などで、虫対策にせっけん液を散布する方法がよく紹介されていますが、プロの農家で使われているということに驚きました。
 せっけんがなぜ害虫駆除に効くのかというと、毒性で虫を殺すわけではなく、せっけん液の粘性で昆虫の気門を塞(ふさ)いで窒息死させるからです。オレイン酸ナトリウムが主成分の植物の害虫駆除剤が実際に売られているようです。農薬のような急激な効果は期待できないので、こまめに、裏表にたっぷりというのがコツだそうです。濃すぎると植物をいためてしまうこともあるので、液体せっけんでしたら80〜100倍に薄めて使います。せっけんなので水に流れてしまうので、雨にも弱いようです。
 ニームにも同じような効果が期待できます。我が家の一坪菜園でも夏野菜の収穫が始まりました。環境にも人にもお財布にも優しい虫対策、ぜひお試しください。
(若月)

No.237 ミニ知識 [2014年5月28日 発行]

台所で快適に食器を洗う
「せっけんの街」は香料や蛍光剤などの添加物が入っていないので、洗濯以外にも台所での食器洗いや掃除など多用途に使えることが特徴です。アルカリ剤として入っている炭酸塩は、洗濯機での洗濯時にアルカリ性を保つ働きをしています。洗濯物の汚れは皮脂など、酸性の汚れも多いので、洗濯途中でアルカリ度が低下すると、せっけんは洗浄力を低下させてしまい、せっかく布地から切り離した汚れを手放してしまいます。ゆえにアルカリ剤を多く含む「せっけんの街」のほうが「あんしん」よりも、頑固な汚れに強いのです。
でも、台所で食器を洗うときには、アルカリにはデメリットがあります。ヌルヌルする、すべりやすいということにつながります。洗い上がりのすっきり感も違います。

そこで快適にせっけんで食器を洗うには
(1)
アルカリ剤が少ないための弱点はドレッシングや酢の物など酸性の汚れ、あらかじめ汚れたお皿を紙やヘラでふき取るか、(環境的にはベスト)、せっけんを付ける前に水洗いをします。
(2)
せっけん液が薄くなると、汚れを抱える力は弱まります。洗い桶は使わずに、洗った食器はすすぐまで水がかからないところに置いて、すすぎは一気に流水で

No.235 ミニ知識 [2014年5月28日 発行]

うてなちゃんを開発して数年が経ったころでしょうか?印旛沼せっけんに若いお母さんがやってきて、「ここで魔法のせっけんを作っていると聞いたのですが、買えますか?」といいます。私たちはびっくりして、よくよく聞いてみると、幼稚園でお母さん達の間で「靴下が真っ白になる、魔法のせっけん」とうてなちゃんが評判になっているというお話しでした。うてなちゃん(台所用固形せっけん)は食器以外にもいろいろなところで使えます。お試しください。

○台所で⇒布巾や台付近、シンク洗いに
布巾や台布巾の材料の布には蛍光増白剤が入っていないものが使われています。それを市販の合成洗剤で洗ってしまうと、一度で染まってしまいます。食器や調理器具を洗い終わったら、布巾に固形せっけんをつけて手洗いをします。シンクの底を洗濯板に見立てて、こすり洗いをします。ついでに回りのシンクも洗ってしまいましょう。毎日やると、いつもシンクはぴかぴか!!

○洗濯の部分洗い⇒白い靴下
靴下を手袋のように手にはめて、固形せっけんをつけて、手をこするように洗います。こうすると汚れた細かい部分が見えてよく洗えます。ある程度落としたら、汚れがひどくない場合はすすがずにそのまま洗濯機へ。汚れのひどいものは簡単にすすいでから、もう一度汚れの部分に塗って洗濯機へ。

No.233 ミニ知識 [2014年3月31日 発行]

ウールのセーターを洗う
 ウールや絹など、デリケートな素材のものは強いアルカリ性を嫌います。
 アルカリ剤の入っていないせっけんで洗うことをお勧めします。せっけんシャンプーや固形せっけんを溶かして使うのもいいのですが、せっけんの街の製品ではアルカリ剤無添加のこはくがお勧めです。

1.温度を一定に
 洗面器などにせっけんを薄めてから押し洗いします。衣類をいためずに洗うコツは、洗濯、すすぎ、リンスまで水の温度を20〜30℃に保ちます。

2.酢やクエン酸でリンス
 せっけんで洗ったあとは、酢やクエン酸を水で薄めた液でせっけん分を中和します。せっけんシャンプー用のリンスも使えます。

3.ゆっくりと陰干し
 リンスが終わったら、タオルに包んで軽く脱水。竿にかけて、陰干しに。袖の付け根のところで折ると、ハンガーよりは型くずれしません。

※ 洗濯用の粉せっけんは洗浄効果を上げるためにアルカリ剤が入っているものがほとんどです。成分表示のところを確認して使いましょう。