会  報

[お知らせ]

No.270 お知らせ [2016年5月13日 発行]

アロマ学習会と第18回通常総会のご案内です。
近頃、きつく香る柔軟剤などのにおいに困っていませんか?
暮らしの中でどのような香料を選択するのが望ましいのか、アロマの学習会で一緒に考
えてみませんか。

また、総会終了後はアロマの販売会もあります。
どなたでも気軽にお越しください。

会場内には託児エリアを設けます。
ご利用の方は事前にご連絡ください。

アロマ学習会&通常総会日程
 日時  :  2016年5月28日(土)
 学習会 :  10:15~11:15 (受付 10:00~)
  講師 山西 宏史 氏(彩生舎、AEAJ認定アロマテラピーアドバイザー)
 通常総会:  11:30~12:30 (受付 11:20~)
 場所  : 京北ホール6F (千葉県柏市柏1-4-3 電話:04-7163-8672)
       (柏駅東口から徒歩3分、二番街商店街入口の京北スーパー上階)

【お問合せ TEL:04-7134-0463 Email:info@sekkennomachi.org 】

*総会に出席された方、全員にオンラインショップ等て使えるチケットをプレゼントいたします。

No.255 お知らせ [2015年1月8日 発行]

NPOせっけんの街 30周年記念事業
広瀬 裕子さん トークイベント
〜いのちにやさしい暮らしかた  いま伝えたい 共鳴すること〜
      ゲスト:安斎伸也さん(たべるとくらしの研究所)

せっけんの街はおかげ様で30周年を迎えました。
この30th Anniversary に作家の広瀬裕子さんをお招きし「いのちにやさしい暮らしかた」をテーマに
トークイベントを開催します。
楽しいトークとともに、子どもたちの未来のため、ひとりひとりができる自然との調和・いきかたの調和について考えてみませんか?

2月10日(火) 10:30〜12:30
京北ホール 柏駅徒歩1分
参加費 1000円(ドリンク・おみやげつき)
〈お問い合わせ・申込先〉
TEL 04-7134-0463 FAX 04-7134-7468
info@sekkennomachi.org

ちらし表
ちらし裏

No.252 お知らせ [2014年12月4日 発行]

No.252

ご利用感謝キャンペーン

5 400円以上(税込)お買い上げで
せっけんの街でのお洗濯に大好評♪
洗濯用フィトンα試供品(250ml)プレゼント!

2014年12月26日(金)午前の御注文まで。
せっけんの街オンラインショップ・通信販売で、1回のご利用金額5400円以上のお買い上げの場合。
対象金額は送料・代引き手数料は含みません。

洗濯用フィトンαについて
植物成分「フィトンチッド」の力で衣類を簡単に消臭・抗菌。雑菌の繁殖を防ぐことにより、衣類を清潔に保ち、洗濯しても落ちない臭いや、部屋干しの嫌な臭いを消臭します。(通販はこちら

No.251 お知らせ [2014年12月4日 発行]

年末年始の営業のお知らせ
誠に勝手ながら、2014年12月27日から2015年1月4日の間、お休みとさせていただきます。26日昼から1月4日までのご注文は、1月5日(月)以降に出荷いたします。

No.243 お知らせ [2014年8月21日 発行]

Yahoo!ショッピングに出店しました。
Tポイントが付くので、お得です。ご利用ください。
決済方法は、現在、クレジットカードとコンビニ払い(前払い)、代引きです。

▽パソコン版ストアURL
http://store.shopping.yahoo.co.jp/sekkennomachi/
▽モバイル版ストアURL
http://shp.mobile.yahoo.co.jp/p/store/sekkennomachi/

No.240 お知らせ [2014年7月18日 発行]

No.240

第16回通常総会
5月24日、せっけんの街通常総会を開催しました。今年は手賀沼せっけん共有者の会が誕生してから30年になります。総会後に記念交流会を企画したこともあり、会員の皆さんのほか、遠方からも沢山の方々がお祝いに駆けつけてくれました。2013年度は粉せっけんの売り上げが好調に推移し、せっけん売上高が前年実績を上回ったとの報告がありました。「かおりプロジェクトの発足」、「県民提案事業の受託」など、新しい試みも報告されました。2014年度も、せっけんの利用者を増やす活動を中心に、環境事業や街づくり事業などを通し、経営の安定化に向けて活動していくことを確認しました。“合成の強い香りではなく、天然の優しい香りで、洗濯物をつつめたら”という思いで始まったかおりプロジェクトの活動にも期待が持てます。総会後の交流会はまるで、30年間活動を支えてきた人々の同窓会、あちらこちらで昔話の花が咲いているようでした。
(若月)