会  報

[最新の5件を表示]

No.268 ミニ知識 [2015年8月6日 発行]

漂白剤の話
 市販の漂白剤は大きく分けて、塩素系漂白剤、酸素系漂白剤が売られています。その他、鉄分で黄色くなった衣類を漂白できる還元型漂白剤というのもあります。お店に並ぶ商品を見ると、主に衣類用が液体の酸素系漂白剤、台所用は塩素系が主流のようです。
 酸素系は作用が穏やかなため、色柄物に使えます。塩素系は強力ですが、色柄物には使えませんし、酸性の液と反応して有毒な塩素ガスを発生させます。
 酸素系漂白剤には粉末と液体のものがあります。液体の酸素系漂白剤の主成分は過酸化水素ですが、市販品のほとんどに合成界面活性剤が入っていますので、お薦めしません。粉末の酸素系漂白剤は「過炭酸ナトリウム」100%のものが販売されています。過炭酸ナトリウムは水に溶けて活性酸素を発生させます。この活性酸素が汚れを酸化して落とします。この作用は温度が高いほど効果的ですので、40℃以上で使うことをお勧めします。(高温で変質したり、アルカリに弱い素材には注意しましょう)
 合成界面活性剤無添加の酸素系漂白剤は販売店が少ないのが難点ですが、生協や洗濯用せっけんの販売に力を入れているお店では取り扱っています。
(塚田)

No.267 イベント予告 [2015年7月27日 発行]

No.267

花見川終末処理場(第一)見学会のお知らせ
―私たちの使った水はこうやって処理される―

地球全体の中で、飲み水に使える水は、ほんの数滴にあたると言われています。
いろいろな体験をした夏休みの後半に
NPOせっけんの街と、使った水のゆくえを探ってみませんか。

ちらし(JPEG)

No.266 ミニ知識 [2015年7月24日 発行]

印旛沼の話
 千葉県民の生活用水の水源である印旛沼は、昭和40年ころから水質汚濁が進み、近年では全国の湖沼中でワースト1の水質となっています。近隣市町村の下水道の整備により、家庭や事業所からの影響は減ってきています。しかし、市街地を走る車の排気ガスや道路の汚れなどが降雨時に直接流れ込むため、市街地や農地からの汚れは年々増加しています。最近のゲリラ豪雨も影響していると思われます。ブラックバスやブルーギルなどによる在来種の減少、カミツミガメやナガエツルノゲイトウの大量発生など、外来種による環境の悪化も問題になっています。
 多様な生き物を育む印旛沼の環境を守り、次の世代に引き継ぐために、私たちにできること、
○洗車は路上やガレージではなく、排水設備のあるガゾリンスタンドなどの洗車場で洗車しましょう。
○雨水タンクや浸透マスなどを設置し、雨水を地下に浸透させる対策も大切です。
 そして一番大事なことは、私たちが印旛沼の自然にふれ、親しみを感じ大切に思う心を育むことなのかもしれません。雨の印旛沼も素敵です。ぜひ行ってみてください。
(若月)

No.265 活動報告 [2015年7月24日 発行]

No.265

通常総会と、印旛沼を船で訪ねて
 5月23日通常総会が無事終わりました。2015年度は中期計画の最期の年になります。これからの5年計画の作成の一年でもあります。
 総会後、屋形船に乗り印旛沼の船上見学会を開催しました。案内をしてくださったのは「印旛沼旛沼流域水循環健全化会議」の小倉久子さん。「現在、印旛沼流域では下水道が整備され、せっけんを使うことが直接印旛沼の浄化にはならないのですが、私たちの生活のいろいろな場面で、環境を考える、生活を見直すことで、めぐりめぐって印旛沼の環境を守ることにつながっています。」 小倉さんの説明に、まさにNPOせっけんの街が続けてきた活動が、そこにあるという実感を持ちました。雨水はいまでも印旛沼に流れ込んでいます。これから取り組組もうとしている雨水タンクは印旛沼の環境を守ることにもつながることを確信しました。
 この日は天気もよく風もなく、静かな印旛沼を身近に感じて、今も漁業が行われ、たくさんの生き物の命をはぐくむ印旛沼を守っていきたいと強く願いました。
(若月)

No.264 ミニ知識 [2015年6月16日 発行]

せっけんですっきり
水道水中に微量に溶けているカルシウムイオンやマグネシウムイオンが、皮膚に残留しているせっけん分子と結びついて、水に不溶性の金属石けん(石けんカス)を生成します。金属石けんはすすぎのときに水に流れ、皮膚に残りません。せっけんで食器を洗った後、すすぎの時のすっきり感は、私がせっけんが大好きな理由のひとつです。しかし「せっけんで洗うと食器がヌルヌルスル、ベタベタする」という話を聞きます。その原因として考えられること。

その1…せっけんを使いすぎていませんか?
⇒特に粉せっけんはアルカリが強いので、使いすぎには注意しましょう。

その2…スポンジが汚れていませんか?
⇒油汚れの多い食器を洗った後など、油分がスポンジの中に取り残されることがあります。スポンジの掃除を。スポンジは目の粗いものがお勧め。

その3…油の再付着現象が起きていませんか?
⇒せっけんは濃度が薄くなると取り込んだ油を離してしまいます。すすぎの時まで水のかからないところに置いて、すすぎは流水で一気に。

その4…せっけんが油に戻る???
⇒せっけんは食酢など酸で元の油に戻ってしまうことがあります。ドレッシングや酢の物などに使った食器はあらかじめふき取るか、お湯で予洗いを。

皆さんも、上手にせっけんを使って、あのすっきり感を楽しんでくださいね。
(若月)

No.263 イベント報告 [2015年6月16日 発行]

第14回アースデイちば
5月快晴のなか、稲毛海浜公園で開催された第14回アースデイちばに出展しました。「このせっけんは、何に使えますか?」と聞かれ「食器も洗濯にも掃除にも何でも使えますよ」と答えるとびっくりされる方に、せっけんの泡に触った後、すすいでもらい、「ぬるぬるしないわね」と泡切れの良さも実感してもらいました。使用済みの天ぷら油の回収をホームページ(以下HP)に載せてもらいましたところ、それを見て会場に持ってこられた方も。家庭菜園でニーム640を使ってみたいという御夫婦(ご主人がアメリカ人)の説明に途中、奥様の通訳で「・・ノーケミカル・・」と聞こえ思わず「そうそうノーケミカル」と反芻してしまいました。殺虫剤と違い速攻性はありませんと話すと、お試しで買っていかれました。広い芝生の中、沢山の地球の事を考えている仲間が集まり、のんびりとした空気の中ブースを廻るのも楽しかったです。来年も出店したいと思いました。当日の様子はアースデイちばのHPに載っています。
(須田)