せっけんの街について


趣旨

今や地球規模での環境破壊が進行し、国内外で環境に関する様々な会議が開かれています。そして環境の大切さや、自然との共生なくしては生きられないことに私たちひとりひとりが気づき始めています。

かつて日本は「山紫水明の国」と言われるほどに自然が美しく、水も豊かできれいな国でした。でも今はどこの川や湖を見ても汚れています。私たちの飲み水に関わりのある手賀沼や印旛沼では、かつては夏になると子どもたちが水遊びできるほどきれいだったのです。しかし現在では、汚染湖沼として全国的に知られ汚染に強い生き物だけが生息しています。その大きな原因の7割は私たちが流す生活雑排水が大きく関与していると考えられます。中でも日常生活するのに欠かせない洗剤が大きく関与していると考えられます。一度環境を汚してしまうとその影響はいろいろな形で必ず私たちの返ってきます。

この「環境学習」を通して、水環境を守る重要さを伝え、自分たちができることから実践してもらえればと考えています。